メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
あなたの健康を応援します

Home診療科・部門健康管理センターについて

 

センター長

健康管理センター長 作野 功典

働き盛りの人に高血圧、糖尿病、ガンなどの生活習慣病が増えています。平成20年4月からは、医療費削減の施策として、健康な人を増やす、すなわち特定健診・特定保健指導がはじまりました。健康な方を増やすためには、健康的な生活習慣の確立と共に、早期発見・早期治療が欠かせません。そこで目指すは、「オプティマルヘルスの実践」です。「オプティマルヘルス」とは自分の最高レベルの健康状態をキープしようという考え方です。オプティマルヘルスでは、病気の一歩手前の最低レベルでおさまることなく、常に100%健康で快適な生活の実現を目指します。特定の病気にかかっていなくても「血圧が高め」など、「100%健康ではないが病気ではない」という人がたくさんいます。そのような人たちの多くは、自分が健康ではないのにも関わらず「自分は今健康を保っている」と勘違いをしてケアを怠っている場合もあるのです。健康診断を受けて初めて「自分が生活習慣病」であることを知り、唖然としてしまうこともあります。より快適な人生を送るため、オプティマルヘルスを実践しましょう。そのためには、まず健康診断を受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。 健康管理センターでは、最新の医療機器を駆使してより詳しく充実した検査を行っております。あなたの健康と家族の笑顔を守るために、ぜひお役立てください。


ページトップ

ページの終了