メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
あなたの健康を応援します

Home診療科・部門のご紹介 循環器内科のご紹介

呼吸器外科


対象疾患
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、弁膜症、心筋症、不整脈、先天性心疾患などの心臓の病気、大動脈や末梢血管の病気、高血圧症、高脂血症などの診療を行っています。

次のような症状のある方が対象です
運動したとき胸を中心にした上半身に痛みや重苦しい感じがおこる。
夜間、急に苦しくなることがある。
体を動かすと息苦しい
急に意識を失ったことがある。
脈が速くなったり、遅くなったりする。
長い距離歩くと足が痛くなったり、力がはいらなくなる。
血圧が高いといわれた。

診療内容
最新鋭の診断および治療に必要な機器が充実し、循環器専門医があらゆる循環器科疾患に対応しています。
狭心症、心筋梗塞の原因である冠動脈病変に対し、積極的にカテーテル治療を行います。また、CTによる心臓健診も行っており、簡便に狭心症のスクリーニング検査を受ける事ができます。その他、血管脈波検査、ホルター心電図、トレッドミル検査、心エコー検査、心臓MRI、心筋シンチ、心臓カテーテル検査などあらゆる循環器の検査が可能です。

主要検査

運動負荷心電図
運動中、心電図に異常がないか、トレッドミルという機器を使って検査します。
主に、狭心症の診断のために行います。

ホルター心電図
携帯用の心電図計を着けて、普段の生活をしているときの心電図を24時間記録します。 不整脈、狭心症の診断のために行います。

心エコー
超音波を使って、心臓の形、機能の異常、血流の異常がないかを診断します。

心臓血管MRI
放射線を使わずに心臓や血管の立体的な像をとらえることができます。}

心筋シンチグラム
放射線同位元素で標識した薬品を静脈注射して、心臓の血流を検査します。主に、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断のために行います。

心臓カテーテル検査
手足の血管から細い管(カテーテル)を心臓まで挿入し、心臓の中で血圧を測定したり、造影剤を使って心臓の動きを観察したりします。冠状動脈などの血管に異常がないか調べる場合もあります。


診療実績
平成26年度

・全カテーテル件数:207例
・診断カテーテル検査:143例(右心カテ12例)
基礎疾患:虚血性心疾患(疑い含め) 122例
心筋症  4例
弁膜症  2例
心不全  8例
動脈疾患 5例
不整脈  2例
治療方針:内科的治療 122例
経皮的冠動脈インターベンション 17例
冠動脈バイパス手術 1例(緊急1例)
弁置換・弁形成術 1例
ICD植え込み術 0例
経皮的末梢動脈形成術 2例
治療成績:経皮的冠動脈インターベンション例数64例
(急性冠症候群による緊急25例)
バルーン形成術 1例、薬剤溶出バルーン 2例、薬剤溶出ステント 61例
初期成功率 100% (不成功0例)
再狭窄率(確認造影検査27例中) 0.074%
再治療率(確認造影検査27例中) 0.074%
合併症:死亡・・・・・・・・ 0例
心筋梗塞合併・・・・ 0例
冠動脈ステント血栓症 2例
その他の治療:
大動脈内バルーンパンピング法 8例
体外式ペースメーカー挿入   8例
永久ペースメーカー植え込み術  17例
(新規10例、電池交換7例)
新規例基礎疾患:洞機能不全症6例
房室ブロック4例

 

平成27年度

・全カテーテル件数:216例
・診断カテーテル検査:165例(右心カテ13例)
基礎疾患:虚血性心疾患(疑い含め) 143例
心筋症 5例
弁膜症 2例
心不全 8例
動脈疾患 3例
不整脈 4例
治療方針:内科的治療 129例
経皮的冠動脈インターベンション 23例
冠動脈バイパス手術 10例(緊急1例)
弁置換・弁形成術 1例
腹部大動脈瘤手術 0例
下肢動脈バイパス手術 0例
経皮的末梢動脈形成術 2例
治療成績:経皮的冠動脈インターベンション例数51例(緊急15例)
バルーン形成術 2例、薬剤溶出バルーン 1例、薬剤溶出ステント 48例
初期成功率 100.0%
再狭窄率(確認造影検査38例中) 0%
再治療率(確認造影検査38例中) 0%
合併症:死亡 ・・・・・・・ 0例
心筋梗塞合併 ・・・ 0例
冠動脈ステント血栓症 0例
その他の治療
経皮的末梢動脈形成術           2例
大動脈内バルーンパンピング法  2例
体外式ペースメーカー挿入    8例
永久ペースメーカー植え込み術  14例
(新規9例、電池交換5例)
新規例基礎疾患:洞機能不全症 1例

房室ブロック 8例
患者さんへのメッセージ
 

担当医師

氏名   斎藤 誉宏(さいとう やすひろ)
役職   副院長
専門領域 循環器内科

資格等 日本医師会認定産業医、三重大学医学部臨床講師
コメント

患者さんの目線に立つ医療を心掛けています。患者さんの趣味や家庭のことなどを話題にして患者さんをリラックスさせ信頼関係を築くことに重点を置いています。また、病院の接遇委員長として接遇に力を入れています。

氏名   松田 明正(まつだ あきまさ)
役職   副部長
専門領域 循環器内科

資格等 日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医
コメント

循環器疾患、内科疾患一般を担当させて頂きます。よろしくお願いします。



認定施設等
日本内科学会認定医および専門教育関連施設
日本循環器学会循環器専門医研修施設
日本プライマリケア学会認定医研修施設
日本臨床腫瘍学会認定研修施設


ページトップ

ページの終了