メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
あなたの健康を応援します

Home診療科・部門のご紹介 神経内科のご紹介

呼吸器外科


対象疾患
脳血管障害、パーキンソン病、認知症、髄膜炎、脳炎、片頭痛、てんかん、多発性硬化症、多発神経炎、筋炎、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの病気を診る診療科です。
脳から脊髄、筋肉におよぶ広範な疾患を扱います。
「こころ」をみる科ではございませんので、その点だけご理解願います。

次のような症状のある方が対象です
手足が動きにくい、しびれがある
頭が痛い
最近物忘れが多い、認知症ではないかと心配の方
けいれんやふるえが起こる
歩きにくいなど

次のような症状のある方が対象です
  手足が動きにくい、しびれがある
  頭が痛い
  最近物忘れが多い、認知症ではないかと心配の方
  けいれんやふるえが起こる
  歩きにくいなど

診療内容

鈴鹿回生病院神経内科は、脳神経外科とチームを組み、脳卒中チームとして活動を行い、年間200例程度の新規の脳卒中症例診察の一翼を担っています。一方で、脳炎・髄膜炎、末梢神経障害、筋疾患、変性疾患の診療も行っており、特にパーキンソン病に対しては、脳外科と合同で、DBS治療も手がけています。その他にはITB療法、正常圧水頭症に対するシャント治療なども脳外科と合同にて行っています。
また特殊外来として、物忘れ外来や耳鼻科と合同で嚥下外来など幅広い診療を行っています。

脳深部刺激療法 (DBS)
パーキンソン病などに対する外科的手術を脳神経外科と合同で行っています。
三重県内では唯一、当院がこの手術を行っている医療機関となります。
詳細は <http://www.kaiseihp.com/suzu-kaisei/news-dbs.html>

バクロフェン持続髄注療法(ITB) 
血管障害、脊髄損傷後などの痙縮(筋肉の過緊張状態)に対するITB療法(お薬を作用部位である脊髄の周囲へ直接投与することにより、痙縮をやわらげる治療法)を行っています。 
参考HP <http://www.itb-dsc.info/>

ボツリヌス療法

眼瞼けいれん、顔面けいれん、痙縮に対するボツリヌス療法を行っています。

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンを注射することで、緊張している筋肉を麻痺させ、筋肉の緊張によって起こる眼瞼けいれんや片側顔面けいれんの症状を改善する治療方法です。また脳卒中などの後遺症として生じる痙縮にも治療を行うことが可能です。

参考HP <http://btx-a.jp/kao/index.html

     <http://keishuku.jp/index.html

 

脳卒中
がん、心臓病と並び、脳卒中は三大死因の一つに挙げられています。
脳卒中は、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作といくつかにタイプが別れており、発症原因も異なります。主に脳梗塞が当科の対象疾患にあたります。
時間的な制約はありますが、発症から直ぐに来院された方に対してお薬で治療する血栓溶解療法も行っています。血栓溶解療法は脳梗塞発症3時間以内でないと行えない治療法ですので、なるべく早く病院に到着することが重要となります。 当院では脳神経外科と合同で診療にあたっていますが、他に年1〜2回、みなさんの脳卒中に対する理解を深めて頂けるよう脳卒中市民講座という講演活動を行っています。

 

物忘れ
物忘れ外来を開設し、詳細な評価、的確な診断が出来るよう努めております。
最近物忘れが多いので、認知症ではないかと心配の方はお気軽に受診して下さい。(要予約)


主要検査
頭部CT、MRI、脳血流シンチグラフィーなどの画像検査、末梢神経の障害を評価する電気生理検査など、神経内科領域で必要な検査は当院でほとんど可能です。

診療実績
平成23年度
脳血管障害 42例
パーキンソン病  29例
多発性硬化症 16例
末梢神経障害 15例
変性疾患(PD除く) 10例
重症筋無力症 6例
水頭症および疑い 5例
髄膜炎・脳炎 3例
難治性疼痛 2例
バクロフェン関連 2例
その他
計146例
平成24年度
脳血管障害 45例
パーキンソン病  39例

末梢神経障害

13例

多発性硬化症

9例

重症筋無力症

8例

てんかん

6例

変性疾患(PD除く)

5例
髄膜炎・脳炎 2例

水頭症および疑い

2例

その他

8例
計137例
平成25年度
脳血管障害 61例
パーキンソン病  40例

末梢神経障害

13例

重症筋無力症

8例

多発性硬化症

7例

てんかん

6例

髄膜炎・脳炎

5例

筋疾患

4例

水頭症および疑い

2例

その他

6例
計152例
DBS新規実施件数 6例
DBS新規実施件数 6例

ボトックス実施件数

67例

DBS新規実施件数 8例

ボトックス実施件数

60例


患者さんへのメッセージ
 

担当医師

氏名   梶川博之(かじかわひろゆき)
役職   副部長

専門領域 神経内科一般

 

資格等 内科学会認定医、日本神経学会専門医・指導医、総合内科専門医
コメント

数年前まで鈴鹿中央総合病院にて神経疾患診療に従事してきましたが2年半ぶりに当地区にてお世話になることとなりました。
患者様にわかりやすい医療をこころがけ、鈴鹿亀山地区をはじめとした方々の健康をまもるお手伝いをしたいと思います。

 

氏名   宇都宮 貴哉(うつのみや たかや)

役職   医員

専門領域  

 

資格等  
コメント

 


氏名    宮下 紘一(みやした こういち)

役職    医員

専門領域  神経内科

資格等  
コメント よろしくお願いします!
 
 
認定施設等
日本神経学会認定医教育関連施設


 


ページトップ

ページの終了