<<臨床検査課トップへ
【臨床検査課より】
 

第60号
〜鉄欠乏性貧血〜  

鉄欠乏性貧血とは?

 鉄欠乏性貧血とは、体内の鉄が不足して起こる貧血です。
赤血球内のヘモグロビンはヘムとグロビンという2つの物質が結合してできています。
このうちヘムを作るのに鉄が使用されるため鉄が不足するとヘムが作れなくなり貧血となってしまいます。

 

原因

@食物からの摂取不足
主に偏食やダイエットが原因でおこります。
食物からの鉄分の摂取不足によってヘモグロビンを作ることができなくなり貧血になります。

A鉄需要の増加
主に成長期や妊娠時に起こります。成長期や妊娠時は通常時よりも鉄分を多く必要とするため鉄分の摂取量より必要量の方が上回るため貧血になります。

B鉄の排出の増加
出血をあらわします。
胃潰瘍・痔・月経・子宮筋腫など

貧血の一般的な症状

@動機・息切れ・頻脈・疲労感
Aめまい・立ちくらみ・頭痛
B顔面蒼白

鉄欠乏性貧血特有の症状

@皮膚・粘膜症状
爪がデコボコしたり、平べったくなります。さじ状爪と呼ばれるスプーンのように
反り返ることもあります。
A舌炎・口内炎・口角炎など

鉄分の多い食品をとって鉄欠乏性貧血を予防!!

鉄欠乏性貧血を改善するには鉄分の多い食品を摂取することが大切です。
食べ物に含まれる鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄の2種類あります。
ヘム鉄とは、魚や肉のように動物性食品に含まれる鉄分で、体内に吸収しやすい 状態になっており、非ヘム鉄とは、植物性食品に含まれている鉄分で、ヘム鉄に 比べてそのままでは体内に吸収しにくいです。植物性の非ヘム鉄を摂取する場合 は、動物性タンパク質を同時にとると、吸収されやすくなります。
また緑茶やコーヒーなどに含まれるタンニンは鉄分を体内に吸収しにくくする ため、なるべく貧血のある方は避けたほうがいいでしょう。

鉄欠乏性貧血の検査

赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値、血清鉄、フェリチンなど
血液検査でわかります。


当院では、受診なしで血液検査を受けることのできる健康チェック『ちょこっと検査
を行っております。後日ご自宅、または送付希望先に検査結果をお送りいたします。
貧血を指摘されておられる方、症状がある方 是非この検査をお役立て下さい。

 

 

 

参考文献

yahoo ヘルスケア家庭の医学   
医療健康総合情報サイト ここからだ


文責 広瀬逸子
鈴鹿回生病院 臨床検査課

<<臨床検査課トップへ