研究承認番号 :  26-01

研究課題名
てんかん発作による入院患者におけるMRI arterial・spin labelling法を用いた脳血流評価の有用性

研究期間

平成26年7月1日 〜 平成27年3月31日

対象試料
 MRI画像及び診療情報

  上記試料の採取期間 平成24年9月1日 〜 平成26年2月28日

案内文

鈴鹿回生病院 神経内科、脳神経外科においては、てんかん地域のてんかん発作時の急性期治療を担っております。近年の検査機器充実などもあり、よりよい診療が行えるよう日々精進をしております。過去、平成24年9月1日から平成26年2月28日までの間に、てんかん発作、てんかん重責状態にて当院神経内科または脳神経外科に入院された患者さまで、入院時また入院直後にMRI検査をおこなった方において、この患者カルテ・診療情報・検査(MRI、脳血流シンチなど)および治療の結果に関して、患者さまのプライバシーを最優先に考え患者さまの個人情報を一切除いて個人が同定されないようにしたデータベースを作成し、とくにその画像(MRIでの非侵襲的脳血流検査)の有用性について検討を行う予定としております。この調査はあくまでも過去の画像を含む診療データを調査するもので、この調査を理由として直接患者さまにあらためて薬や治療、検査などにより介入を行うことは一切なく、患者さまの生命・健康に直接影響を及ぼすことはありません。また患者さまから採取された血液などの検体を利用して新たな検査・測定を行うこともありません。これらの調査によって得られた新しい知見は、論文や学会発表により広く社会に知らしめることによって、個々の患者様に最適な医療を行うための参考資料とさせて頂きます。この調査に疑問・問題点などがございましたら下記連絡先までご連絡を宜しくお願い申し上げます。なおこの調査におけるデータ使用をお断りになられたとしましても将来的に当科における診療・治療の面で不利益を被る事はありません。

 

掲載期日

平成 30年 3月 31日まで

問い合わせ等の窓口

研究責任者 鈴鹿回生病院 神経内科部長 松浦慶太

TEL 059-375-1212
FAX 059-375-1717