メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
広報

Home広報 広報誌「回生ニュース Doctors List」バックナンバー

ドクターズリスト

 

 

 鈴鹿生まれ鈴鹿育ちです。スイミングスクールと塾に通っていたほかは、友達と遊んだり普通だったと思います。


 父が医師をしていますので、自然と同じ道を歩んできたのだと思います。

 

 腎臓内科で扱う病気は、腎臓のほかに糖尿病や心臓、膠原病、血液疾患など多くの疾患が関係します。感染症などの合併症や薬剤により腎不全を併発することもあります。そのため他科の先生と連携して診療に当たることも多いです。そのような守備範囲の広さやチーム医療が性に合ったのかもしれません。また、腎臓内科医は全国的にも不足しています。より必要とされる医師になりたいと思い、今の仕事を続けています。

 

 学生時代からサッカーをしています。今でも当院のスタッフとフットサルチームを結成して定期的に活動しています。最近は他病院のチームと交流試合をすることも増えました。2年前に半月板を損傷してしまい、整形外科の中空先生(と加藤院長!)に手術してもらいました。でも仕事は休んでいません(笑)。術後も松葉杖をつきながら診察していました。

 次々と新しい薬や治療法が発信されています。常に情報を更新し、診療のクオリティを上げていきたいと思っています。

 健診などで検尿異常があった場合、将来の腎不全リスクが疑われます。早めに検査・治療ができれば腎不全の回避を期待できます。放置せず、一度はご相談ください。

 サッカーばかりしていましたが、試験前にはちゃんと勉強しました(笑)。当時は何の役に立つのかわからなかったことが、ようやく最近になって大事なことだとわかるようになってきました。医学は奥が深いです。医学部受験や国家試験の勉強は二度としたくありませんが、当時の眠かった講義が今の自分にどう聞こえるのか、興味あります。

 

 

 

 

 


ページトップ

ページの終了