メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
広報

Home広報 広報誌「回生ニュース Doctors List」バックナンバー

ドクターズリスト

 

 

 尾鷲生まれの津市育ちです。3人兄弟の長男で、体が大きく運動が得意で何をやっても1番でした。5歳の時に髄膜炎を患い、それまで幼稚園は皆勤賞だったのですが、3ヶ月ほど入院したのを覚えています。


 幼少時からスポーツが好きで、よく怪我をしたのですが、怪我をしたり痛みで困った時にはいつも親戚の医師に診てもらっていました。その親戚の医師が大好きで、こんな医師になれたらな、と思っていました。中学高校の頃には、「建築や設計」にも興味がありましたが、「天体」例えばブラックホールなどの宇宙の不思議、「車」F1などの速い車を作ってみたいと思ったり、さまざまな事に興味をもったのですが、最終的にはやはり親戚の医師への強い憧れと、両親からの後押しもあり、医師の道を選んだように記憶しています。

 

 大学時代は、留年もせずよく卒業できたと思うくらい、サッカーと飲み会に明け暮れていました(笑)。高校時代の3年間は部活ができなかったのもあり、サッカーに没頭してしまったんでしょうね。火・水・金・土・日の夜は練習。メンバーは初心者からハイレベルまで約20人くらいでした。キャプテンが決める練習メニューに則って、1年生から6年生の夏まで続けました。それからの国家試験の勉強は、「このままだと無理だぞ!」と友達に怒られて吐くほどしましたね(笑)。

 

 大学6年の時に、鈴鹿回生病院に見学に来たんです。1週間の研修はとても充実したもので、最終日、現在は鈴鹿回生病院の院長である加藤先生に「待ってるからな!」と声をかけていただいたのがすごく嬉しくて、加藤先生の元で仕事がしたいという思いが強くなりました。その後の初期研修も回生病院を選び、専門はごく自然に整形外科を選びましたね。細かい事が好きだったので、脳神経外科にも興味がありましたが、自身がスポーツで怪我をして一番お世話になったのが整形の先生だったことに加え、自分と同じようなスポーツ好きな人たちをサポートして行きたいとの思いから、整形外科を選択しました。

 

 基本的に体を動かす事が好きなので、やはり空いた時間をみつけてやるサッカーですね。あとは、長男(3年生)が野球をやっているので、休みの日にはキャッチボールをしたり、ノックを打ってあげて一緒に汗を流しています。次男は最近サッカーをはじめましたので、いつか一緒にサッカーが出来たらいいなと思いますね。

あとは、最近はじめたゴルフとお酒を少々(笑)。安心して飲めるのは週末くらいですが、お酒はビールと焼酎が好きです。焼酎は芋が好きですね。

 肩関節を専門に診療させていただいております。少年野球や高校野球で肩を痛めたとか、中高年のいわゆる四十肩、五十肩など、頑張って診ていきたいと思います。

 

 


ページトップ

ページの終了