メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
研修医募集

Home研修医募集Q&A

初期臨床研修医について

Q 様々な症例を経験できますか?
A

当院は鈴鹿亀山地区(人口25万人の医療圏)の2次救急までを担う基幹病院の為、たくさんの症例を経験することになります。また研修医は内科疾患、外科疾患、どちらも平等に診ることが出来る為、偏りのない知識と経験を得ることができます。

   
Q 当直の内容を教えてください。
A

例年、月4〜5回当直にあたり、救急車搬送件数は年間およそ2200件となっています。 脳外科医が常駐する脳卒中センターを有している為、脳出血や脳梗塞など緊急を要する症例も対応できます。また上級医に必ずコンサルトできるシステムが整っており、安心して診療にあたれます。

   
Q 指導はしっかりしていただけますか?
A

大丈夫です!当院は研修医と指導医が1対1で研修を行います。マンツーマンでなければ学べない経験もたくさんあります。先輩研修医もそういった指導の下、色々な学会でたくさんの賞を受賞してきました。

   
Q 研修医室はどんな雰囲気ですか?
A

見学に来た医学生のほとんどが「アットホームで居心地が良さそう」と口を揃えます。 また先輩研修医が当院を選んだ理由の多くに「雰囲気が良かったから」を挙げています。 研修医室の居心地の良さは当院のアピールポイントの1つです。 個人ブースのデスクで、ゆったりと広い研修医室へ是非見学に来てください。

   
Q 整った設備の病院がいいなぁ
A

近年も1.5T-MRI、3.0T-MRI、アンギオ装置などの大型医療機器を最新の機器へ更新しました。 電子カルテやフィルムレスといったIT化も県下では非常に早い時期から整えています。 病院全体も非常にきれいであり、充実した環境の中で研修を行えます。

   
Q 休みはとれますか?
A

基本的に当直明けは休みです。しっかりとリフレッシュして下さい。先輩研修医も休みを調整して海外旅行へ行っています。

 


 

ページトップ

ページの終了