メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
広報

Home広報 広報誌「回生ニュース Doctors List」バックナンバー

ドクターズリスト

 

 

 埼玉県の出身です。幼少時はでレゴで遊ぶのが好きでした。高校卒業まで過ごした地ですが、自分の記憶では親に勉強しなさいと言われ、塾に通い自由がなかった記憶が強いですね。今思えば、厳しく育ててくれた親には感謝なのですが、とにかく家を出たかったので県外の大学に行きたくて、三重大学を受験したようなものです。

 元々理系は好きでしたが、両親に医師になれと言われたこともないですし、医師を目指していたわけではなかったんです。インドアな性格で人と関わることがあまり好きではなかったので、研究に没頭できる学者に憧れていました。でも医学部に入ったら、やはり医師になるべきかな?と思うようになるんですよね。どちらかというと、人と接することが苦手な自分がよく医師をしていると、両親も言います。ただ、今は、やりがいのある医師になってよかったな、と思っています。むしろ、研究者のほうが向いてないと思います(笑)

 

 私の先入観で、外科は縦社会な気がして嫌だったんです。内科は、ジェネラルになるので、いろいろとつぶしがきくかなと思ったのが正直なところです。お世話になった先生が消化器内科の先生だったのがきっかけでした。

 

 仕事が趣味です・・・。家に帰ったら仕事の話は一切しないんですね。つい最近まで子どもたちも父親が医師をしていることを知らないかったくらいです(笑)読書が好きなのですが、医学系の読書は一切しません。とにかく家では医療の事はシャットアウトなんです。医療系のテレビも観ません。でもそれがストレスをためない秘訣かもしれません。読書をしないと夜眠れないので、何かしら読みますが、妄想が膨らむ歴史小説が好きですね。最近読んだのは、浅田次郎の黒書院の六兵衛や、北方謙三の三国志、水滸伝、など。

 消化器全般に力を入れていきたいと思っています。

 肝炎、肝がんなどが主になります。

 三重に来て初めての独り暮らしでしたので、1-2年生の頃は殆ど家に帰らず、友達の家を転々としていました。自由を手に入れて楽しい想い出がいっぱいです。週末になると海や山に出掛け、海ではスキンダイビング、山は、山岳部に所属していたので登山です。ただお金はなかったので、単発のバイトをしては出掛けてましたね。

 

 

 

 


ページトップ

ページの終了