メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
あなたの健康を応援します

Home診療科・部門のご紹介 腎臓内科のご紹介

呼吸器外科


対象疾患
糖尿病性腎症 慢性糸球体腎炎 腎硬化症 高血圧 多発性嚢胞腎 膠原病 急性腎不全 慢性腎不全 ネフローゼ症候群
慢性腎臓病(CKD) 薬剤性腎障害 妊娠腎

次のような症状のある方が対象です
・蛋白尿や血尿
・時々尿が赤くなる・黒くなるが、痛みがない
・むくみがある
・血圧が下がらない
・「血清クレアチニン値が正常より高い」「糸球体ろ過値が低い」と言われている

診療内容

近年、透析や移植が必要な慢性腎臓病が増えています。腎臓病は症状が乏しく、知らないうちに進行します。蛋白尿・血尿がある人、腎機能が悪いと言われた人が、「透析や移植にならないこと」、もし病気が進んでしまった場合は、「透析や移植を安全に受けられること」を目標に診療します。
腎臓センター
腎臓センターは、腎臓内科医が腎臓病患者さんを総合的に診療します。
透析室はその中核で、腎臓病が進行した患者さんが透析治療を受ける場所です。透析には、血液透析(HD)と腹膜透析(PD)があります。当センターでは患者さんの病状や考え方に合わせて、HDとPDを選択してもらいます。また、腎移植希望者には適切な施設にご紹介します。
その他に、心臓・血管合併症、感染症の予防に努め、体力保持のための食養生や運動療法のサポートも行っています。


主要検査

腎生検
腎臓の組織を顕微鏡で観察します。複雑な腎臓病を診断し治療方針を決めるために、とても大事な検査です。当院では、電子顕微鏡検査まで必ず実施しています。背中から針を用いて検査するので、安全に確実に検査するには入院が必要です。腎生検だけが目的であれば、入院期間は三日間程度です。


超音波・CT・MRI検査
腎臓の大きさ、血液や尿の流れを調べる検査です。

血液・尿検査
腎臓の働きを知るだけでなく、病気の原因、腎臓にかかる負担の程度、治療効果の判定をします。

クリアランス試験
イヌリンという物質を点滴しながら約1時間に尿に排泄されるイヌリンの量を正確に測定することで、腎臓の働きを最も正確に調べることが可能です。糸球体ろ過値という基本的な検査ですが、三重県内の腎臓内科でこの検査を日常業務として実施しているのは当科だけです。


蓄尿検査
腎機能の評価、治療効果の判定、食養生の検定などのために行います。当院では、蓄尿している患者さんには、『その日の塩分や蛋白質の推定摂取量』がすぐに分かるように表にしてお渡ししています。


専門外来
「嚢胞腎外来」のご紹介

多発性嚢胞腎に対する新薬が認可されました。
このたび、平成26年3月26日より、常染色体優性遺伝型多発性嚢胞腎に対して、経口薬剤であるサムスカ錠(トルバプタン)が処方できるようになりました。この薬剤は、日本を含む世界規模の治験により、腎臓の嚢胞が大きくなるのを抑制することが証明されています。これにより、腎機能の低下や、血尿・嚢胞感染などを抑制できる可能性があります。この薬剤を服用していただくためには、病気や治療に対して十分な知識を持つ専門医師のもとで、詳しい説明や検査を受けた患者さんが対象となります。鈴鹿回生病院では、この新しい治療薬を安全に服用していただけるように、スタッフ一同で態勢を整えております。
お薬の相談だけでなく、多発性嚢胞腎についてのご相談を受け付けております。

診療実績

腎臓内科は、平成24年4月に発足し、25年12月までの期間に、

@

51名の患者さんの腎生検を実施しました。全例について、腎疾患の診断と治療方針をたてることができました。輸血を必要とする事例、あるいは、退院を遅らせるような事例は一例も発生していません。

A 保存期腎不全が進行しないように当科を継続して通院中の患者さんは、300名前後です。その中から、この期間に12名の患者さんが血液透析を開始されました。この人たちの平均年齢は、73.0歳(60〜85歳)でした。日本透析医学会の統計調査によると、2012年に我が国全体で透析が導入された患者さんの平均年齢は68.4歳でした。私たちが一生懸命治療させていただいても、まだまだ力が足りないことを実感せざるをえませんが、残存する腎機能を少しでも温存させ透析導入を遅らせていることが分かります。
B この期間中にご紹介を受けて透析を実施した患者さんは13名あり、多くの方がそのまま当院で継続していらっしゃいます。
C

当院に入院中に他の病気や手術などが原因となって急性腎不全を起こした患者さんにも積極的に対応します。他科の医師やスタッフたちと協力し合い、その進行を和らげ透析を回避できるように努力します。

その甲斐なく透析を余儀なくされた患者さんは、この期間中に27名ありました。その中には、元気に回復して透析が必要でなくなる患者さんもいらっしゃいますし、その後も続けざるを得ない方もあります。原因疾患によっては、たとえ透析を受けても生命の危機を回避できないこともあります。



患者さんへのメッセージ
検診で蛋白尿や血尿、腎機能障害を指摘されたら、必ず医療機関を受診してください。
多くの腎疾患は早期では症状がなく、自分で気付くことは難しいためです。
また、腎疾患を早期に発見して治療を開始しても、効果を実感することが難しい病気でもあります。
根気よく養生を行っていきましょう。

担当医師

氏名   松尾 浩司(まつお ひろし)

役職   腎臓センター長

専門領域 腎臓内科

 

資格等 日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会専門医
コメント

内科一般の診療および腎・透析領域(尿異常・腎機能異常、腎生検・腎病理診断、腎不全に対しての緊急/維持血液透析、特殊血液浄化療法など)を担当しています。個々の患者さんに応じた診療を心掛けています。


氏名   遠藤 真由美(えんどう まゆみ)

役職   医員 

専門領域 腎臓内科

 

資格等 日本内科学会認定医
コメント

 


氏名   の村 信介(のむら しんすけ)

役職   

専門領域 腎臓内科、人工透析

 

 

資格等 日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・ 指導医、厚生労働省進行性腎障害調査研究班調査研究員、三重県慢性腎臓病(CKD)対策検討会委員長、三重大学客員教授、三重大学医学系研究科リサーチアソシエイト、三重県透析研究会会長、日本腎臓財団発行誌「腎不全を生きる」編集同人、日本腎臓学会雑誌査読委員
コメント

 



認定施設等
日本腎臓学会研修施設

 


ページトップ

ページの終了